• 日本共産党 上野たつや

防衛大学校いじめ問題に関する第4回の裁判を傍聴(11/18)

横浜地方裁判所で開かれた、防衛大学いじめ問題の裁判を傍聴しました。


大学内で行われた卑劣な「いじめ」によって、精神的なダメージを追い、言葉を発することが出来なくなってしまった原告のAさんが、大学側(国)の管理責任と、いじめた本人の責任を問うために損害賠償を求めている裁判です。

傍聴は、席をコロナ対応で間引いているとはいえ、満席。



裁判後に行われた「防衛大学校 いじめ人権裁判を支援する会 報告・交流会」(60名以上参加!)では、

・弁護士から裁判内容の説明

・質疑応答

・感想交流

・経過報告と行動提起

・原告Aさんのお父さんからの訴え

がありました。


報告会の様子


お父さんからの訴えでは

「いじめた本人が、今も何ごともなくのうのうとしている事実がやっぱり許せない。いじめた本人は、いじめた意識を持っていない。」

と、憤りを感じていることが伝わってきます。


また、自身が職場の中でいじめられた経験も語られました。

「当時の会社は、常に上司の顔を伺いながら仕事をし、それ以外の人間を切り捨てていく。」

その会社では、精神的に病んでしまい、出勤できなくなる職員が相次いだとのことです。

いじめた側は、被害を受けた職員がどんな思いで苦しんでいるのか、わからないのだと。



防衛大のいじめについては

「まさか、うちの息子が、こんなことになるなんて夢にも思っていなかった。国のために頑張っている学生が、そんなことするのか。信じられなかった。」


そして、

「世の中に、また、これから防衛大に入ろうと思っている人たちに、防衛大学生の家族に、現実はどうなっているのか知らせるチャンスだと思っている。」

とも。



職場については、昨年の法改正で、「職場のハラスメント対策」の義務化(2020年6月より)がされ、ようやく一歩といった状況だとは思います。



「ダメなものはダメなんだ」と、当たり前のことが当たり前に言える社会になるために。

また、一人ひとりの人権が守られる社会にしていくために。


声をあげたAさんに敬意を表しつつ、連帯していきたいと思いました。

36回の閲覧

© 日本共産党横浜北東地区委員会