• 日本共産党 上野たつや

神奈川県協力金(第5弾)と実施方針について

緊急事態宣言が発出されたことに伴い、神奈川県では1/8~2/7まで外出の自粛要請を行っています。


食品衛生法の飲食店営業・喫茶店営業の許可を受けている店舗について、20:00までの営業を行ってくれた場合に、協力金が支給されます。


協力金の詳細については、一番下をご覧ください!




特措法に基づく「神奈川県実施方針」について(抜粋)


期間:1月8日~2月7日  地域:神奈川県内全域


県民の外出自粛

・「人の移動」と「人と人との接触機会」の抑制を図るため、生活に必要な場合を除き徹底した外出の自粛を要請。

・特に20:00以降の不要不急の外出を自粛するよう強く要請する。


(生活に必要な場合)

*「医療機関への通院」 「食料、医薬品、生活必需品の買い出し」

「必要な出勤、通学」 「自宅近隣における屋外での運動や散歩など」

「生活や健康の維持のために必要なもの」



時短営業の要請と働きかけ

 (時短営業→5:00~20:00 酒類の提供→11:00~19:00)


・特措法に基づく要請(協力金対象)

 →食品衛生法に基づく飲食店、カラオケ店(別表1)

  デリバリー、テイクアウトは要請外


・特措法に基づかない要請(協力金対象外…)

 →上記以外(別表2)



県機関の取組

・県民利用施設について、原則休館を基本とする。状況は別途、県のHPにて。



県教育委員会の対応

 別紙参照



協力金について(1/9に議決)

・ 補正予算 約543億円(協力金第4弾(追加)・第5弾)

 詳細は県ホームページにて(第4弾) (第5弾)


「協力金第4弾」 (横浜市・川崎市) *酒類を提供する飲食店

  →12/18~1/11に22:00までの時短営業 1日4万円 最大100万円


「第4弾(追加)」 (横浜市・川崎市) *酒類を提供する飲食店

  →1/8~1/11に20:00までの時短営業 1日2万円 最大8万円



「第5弾」 (神奈川県内全域) *全ての飲食店

  →1/12~2/7に20:00までの時短営業 1日6万円 最大162万円





133回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

神奈川県臨時議会が深夜まで…(1/8)

緊急事態宣言に伴い、時短営業を横浜・川崎市から全県に要請することになりました。 1月12日以降は、神奈川県内全域の飲食店を対象に、20:00までの時短営業をしてくれた事業者に対して、休業協力金(第5弾)が支給されます。 1月8日に、臨時議会が開かれ、支給のための補正予算(約543億円)が可決されました。 神奈川新聞でも記事になりましたが、深夜3:15までかかりまして… 職員さんの疲弊を心配しており

© 日本共産党横浜北東地区委員会