• 日本共産党 上野たつや

歩行者信号機 延長して ~住民が警察に署名提出~(しんぶん赤旗9/10)

~前向き回答~

横浜市神奈川区の「羽沢住宅前交差点の歩行者信号機の延長を求める会」は3日、神奈川警察署に302人の署名を手渡し懇談しました。日本共産党の上野たつや県議、宇佐美さやか市議も参加しました。


羽沢住宅前の交差点は付近に数千戸の住宅、小学校、学童保育、保育所、高齢者福祉施設、コンビニなどがあり、「高齢者や幼児、障がい者などが信号を渡り切れない」事態が起きていました。

子ども会やスクールゾーン協議会、町内会からも改善を求める声があがっていました。


署名運動を呼びかけた県営羽沢団地在住の萩田弓子さんは、病気で足が不自由になり、青信号で渡り切れずに困っていることを切々と訴えました。


応対した柴田伸一交通課長から、「歩行者信号の延長には、たくさんの方の要望があることは分かりました。まずは調査し、交通事情なども考慮して対応していきたい」と、前向きの回答がありました。


同会代表の柴田豊勝さんは、「地域には他にも多くの住民要求があります。羽沢横浜国大駅前の街路灯設置なども住民のみなさんと一緒に実現していきたい」と話しています。

(しんぶん赤旗2022年9月10日)



閲覧数:13回0件のコメント