• 日本共産党 上野たつや

「2021年度 神奈川県 予算・施策に関わる要望書」を提出(11/2)

11月2日、共産党神奈川県議団として、黒岩知事に、「2021年度 神奈川県 予算・施策に関わる要望書」を提出しました。

新型コロナウイルス感染症への対応 や 県政に関わる重要課題など、全657項目に渡る要望書です。

要望書を提出後、短い時間でしたが、知事との懇談を行いました。


「2021年度 予算要望書 まえがき」(PDF)


「2021年度 神奈川県 予算・施策に関わる要望書」(PDF)

「県議団から一言」

・新型コロナウイルス感染症の対策については、一丸となって取り組んでいきたい。

・コロナ患者を受け入れていない病院への支援を。

・コロナ禍で、社会の脆弱さが浮き彫りになったと感じている。医療や福祉など、コロナ後を見据得た対策を。

・生活福祉資金に関する相談が非常に多くなっていることからも、生活困窮されている方への支援が必要。

・保育所や学童保育に勤めている職員への慰労金支給を。

・県営住宅の必要性が明らかになった。県営住宅の増設と、既存施設の維持改善を。

・災害対策については、河川やがけ地の対策が急務。

特に、急傾斜地でのがけ崩れが今年度に入って、数十件起きていることから、抜本的対策を求めたい。

・朝鮮学校への補助打ち切りなど、差別を助長しない神奈川県に。

「知事より」

(コロナ)

コロナに関しては、外部との協定が、今になって活きている。

LINEとは2年前に協定を結んでいたが、電話相談がパンクする一方で、コロナのお知らせサービスは100万人が活用するほどに。

神奈川の成果を全国知事会で発信することで、33都道府県が採用されるほどに。

プラチナ大賞にも選ばれた。

(災害)

それから、大変重要な事だと思っているので進めていくが…↓

(未病)

未病については、なかなかご理解いただけていない。

こちらから税金を使って広報しなくても、今では、企業側から発信をしてくれているようになっている。

普及してきている。


(県議団)

未病については、健康を維持することは大切だと考えるが、、、

一方で、市町村国保の特定健診や特定健康指導の実績が、全国46位、47位である現状もあるので、課題解決のために、市町村への支援も求めたい。


若干、かみ合っていない感がありましたが…

もっと話したいことはありつつも!時間だったので終了になりました。


引き続き、県民サービスの向上の為に、全力を尽くします。




マスクしないバージョンでの撮影

(マスクを外したのは撮影の一瞬だけです)


懇談の様子です

54回の閲覧

最新記事

すべて表示

◇第3回定例会 議会日程◇

【11月議会日程】 2日 決算特別委員会 19日 議会運営委員会 25日 議会運営委員会・本会議・議案説明会 30日 本会議 【12月議会日程】 1日 本会議 2日 本会議 4日 本会議 7日 議会運営委員会・本会議 9日 常任委員会 10日 常任委員会 11日 特別委員会 14日 常任委員会 16日 議会運営委員会 17日 議会運営委員会・本会議

© 日本共産党横浜北東地区委員会